永保寺の紅葉(10月後半)



chantaです。

多治見の永保寺は、景色の調和が素晴らしいお寺です。紅葉と庭園に加え、国宝である観音堂の醸し出す雰囲気。まだ紅葉には早いと知りつつ、10月26日に2歳の次男と行ってきました。

永保寺

この日は、次男と2人で土岐アウトレットへ行きました。案の定、次男は走り回り、陳列してある服の中へ潜り込んで行く。冬物ベストを諦め、この永保寺へ行くことにしました。土岐アウトレットで、「永保寺」とナビに入力すると10分弱で到着と表示。結構近い。

10月末の紅葉状況はこんな感じ。例年11月の中頃~12月の頭までが紅葉のベストシーズンです。この時には、とても大勢のお客さんで賑わっています。

素晴らしい意匠ですね。昔ここへ来た時、早朝に座禅会が開催されていました。座禅を組んで集中し、しかしコックリコックリしてしまい、和尚様にバシッ!

一度は経験してみたいものです。

境内の奥へ進むと、川が流れています。川を見ながら座れるベンチがあるので、お昼ご飯。

36歳と2歳の肌の違い。このツルツル肌の頃から、素晴らしい和風庭園を眺めて、センスを養ってほしいと願うパパ。

大銀杏

永保寺には「大イチョウの木」があります。幹太く、枝振り活発。丈夫そうな大木です。

「丈夫なイチョウ」→「丈夫な胃腸」

胃腸の弱い次男と私。この大イチョウに、お願い事をしました。

「私たちの胃腸が強くなりますように」

願いはきっと叶います。