最大半額の補助!!GoToトラベルキャンペーンを利用しよう

※岐阜県に独自の緊急事態宣言が発令されています。県をまたぐ移動は慎重にという内容です。我が家は、子の夏休みに合わせて旅行を考えていましたが延期することになりました。岐阜県内の旅行でも、今は人の目が怖いですから・・・

GoToトラベルキャンペーンとは?

2020年7月22日から始まる補助金事業です。新型コロナの影響で軒並み右肩下がりの観光業を国の予算を使って応援しようといった内容になっています。

旅行者は、旅行代金の最大半額を補助してもらえるようです。

観光庁の公式HPはこちら

具体的には、6つのポイントがあります。

  1. 国内旅行に限る
  2. 日帰り・宿泊とも対象
  3. 1人1泊あたり2万円(日帰りは1万円)が補助の上限
  4. 補助金のうち「7割が旅行代金割引」「3割が旅行先で使える地域クーポン券」
  5. 地域クーポン券は、9月1日以降に始まる見込み
  6. 利用回数や連泊に制限は無し

参考:観光庁「よくあるご質問」

実際の補助金のイメージ

GoToトラベルキャンペーンの補助金イメージ①
1泊の場合
GoToトラベルキャンペーンの補助金イメージ②
2泊の場合
GoToトラベルキャンペーンの補助金イメージ③
3泊の場合

どうやって補助金を受け取るのか?

旅行代理店やホテルなどのシステムが整えば、補助金を差し引いた額を支払うことで完結するようです。

それまでは旅行者が事後に申請する必要があるんだとか。しかし、その流れはまだ正式に決まっていないとのこと。

“旅行後の割引分の還付を申請する場合の手続きの流れは?”

“詳細は調整中であり、近日中に改めてお知らせする”

観光庁「よくあるご質問」

手間がありそうなので、システムが整った大手旅行代理店経由を利用するほうが良さそうですね。

その他、特記すべき点

“家族で旅行する場合、子供や幼児はどうカウントするのか?”

“子供や幼児も1名とカウントして算出”

“子供料金が発生しない場合「0円の場合」も1名とカウント”

観光庁「よくあるご質問」

乳児や幼児を同伴して旅行へ行く際は、その人数をはっきりと申請すれば補助の上限額が上がりそうです。旅行代理店などで予約する際は、しっかりと確認しておきましょう。

“民泊は、旅行・宿泊代金の割引支援の対象となるのか?”

“住宅宿泊事業法の届出をした住宅、国家戦略特区法の認定を受けた特区民泊であれば、適正な執行管理のための体制が確保されていることを条件に、支援対象になる”

観光庁「よくあるご質問」

民泊も対象に入るようです。

“キャンプ場のテント区画、コテージ、バンガロー、グランピングなどは、旅行・宿泊代金の割引支援の対象となるのか?”

“旅館業法の簡易宿所営業の許可が必要となるコテージ、バンガロー、常設のテントなどは、ホテル・旅館などと同様に支援の対象となる”

“持ち込みテントのためのサイト(区画)などは、支援の対象とならない”

観光庁「よくあるご質問」

持ち込みテントだけは対象外のようです。

“夜行フェリーは、旅行・宿泊代金の割引支援の対象となるのか?”

“ベッドと同視できるフルフラットの睡眠スペースが提供されるとともに、枕、毛布その他の寝具が提供されているものについては、宿泊施設に準ずるものとして、支援対象となる”

観光庁「よくあるご質問」

夜行フェリーも対象になるようです。

“夜行バスは、旅行・宿泊代金の割引支援の対象となるのか?”

“対象とならない”

観光庁「よくあるご質問」

対して、夜行バスは対象外とのこと。

不明な点の問い合わせ先

  • 一般利用者の方:03-3548-0520
  • 事業者の方:03-3548-0525
  • 平日 9:30~17:00

参考:観光庁「よくあるご質問」

YouTubeとTwitterも更新中