岐阜県の紹介【歴史編・厳選38項目】



chantaです。今回の記事は、岐阜県の紹介。その歴史を振り返ります。

それでは、どうぞ。

主要な出来事

岐阜県内で起こった主要な出来事について、年表形式で記していきます。【厳選38項目】

  • 672年 壬申の乱 in 関ケ原
  • 745年 美濃の地震【M7.9】
  • 762年 美濃・飛騨の地震【M不明】
  • 1221年 承久の乱 in 各務原
  • 1556年 長良川の戦い【斎藤道三が息子に討たれる】
  • 1566年 羽柴秀吉が墨俣砦を築く【一夜城】
  • 1567年 織田信長が稲葉山城主になる【岐阜城】
  • 1568年 信長が楽市楽座を制令
  • 1586年 天正地震【M7.8】
  • 1595年頃より 白川郷周辺でゴールドラッシュ【砂金】【帰雲城】
  • 1600年 関ヶ原の戦い in 関ヶ原
  • 1600年 柿が徳川家康に上納される【蜂屋柿】
  • 1695年 高山陣屋を設置
  • 1753年 宝暦治水工事を着工【木曽三川】
  • 1754年 郡上一揆【百姓一揆】
  • 1871年 廃藩置県により美濃地方が【岐阜県】、飛騨地方は【高山県】となる
  • 1873年 大垣市に県内初の小学校創設【興文第一・第二小学校】
  • 1876年 美濃地方と飛騨地方が合併【岐阜県に統一】
  • 1877年 第十六国立銀行が開業【十六銀行】
  • 1879年 第百二十九国立銀行が開業【大垣共立銀行】
  • 1879年 岐阜新聞が創刊
  • 1882年 濃飛自由党を結党
  • 1882年 板垣退助が遊説中に斬り付けられる【板垣遭難】
  • 1883年 県内初の公立図書館が開館【華陽学校付属書籍館】
  • 1891年 濃尾地震【M8.0】
  • 1898年 県内初の水力発電【八幡水力電気合資会社】
  • 1915年 揖斐川電力株式会社設立【イビデン】
  • 1917年 各務原飛行場開設【各務原基地】
  • 1924年 日本初のダム式発電所竣工【大井ダム】
  • 1943年 長良川鵜飼を中止【1947年まで】
  • 1945年 各務原・岐阜市・大垣空襲
  • 1963年 金華山ドライブウェイ開通
  • 1964年 岐阜羽島駅開業【東海道新幹線】
  • 1968年 岐阜テレビの放送開始
  • 1983年 カミオカンデ観測開始
  • 1995年 白川郷・五箇山の合掌造り集落がユネスコ世界遺産登録
  • 1996年 スーパーカミオカンデ観測開始
  • 2013年 リニア中央新幹線に中間駅【中津川】設置決定

気付いたこと

岐阜県の主要な出来事をピックアップした結果から、気付いたことを書いてみますね。

大戦

日本国内が二分して、東西で戦う大戦【壬申の乱】【承久の乱】【関ケ原の戦い】。過去に三度も大戦の決戦地になってしまったのは、岐阜だけではないでしょうか?

そのうち、関ヶ原は二度も開戦されています。ここは中山道・北国街道・伊勢街道の三街道が交差するため、戦国武将たちも集結しやすかったのかもしれません。

現在でいえば、「東京駅で待ち合わせね」みたいなことでしょう。

戦国時代

戦国時代は、美濃の斎藤道三が国盗りを始めた頃からだと言われています。この時代には、岐阜が歴史の中心地になっていましたね。始まりも終わりも岐阜の地でした。

斎藤道三が、美濃一国から戦国へ突入。織田信長が岐阜城を拠点とし大いに栄え、惜しくも本能寺で討たれます。討った明智光秀も、岐阜の人間でした。関ケ原の戦いで、戦国時代の終焉がほぼ決定づけられたのも、岐阜の地です。完全に歴史の中心地でしたね。

この時代が、岐阜県のピークでした。

ピーク来るの早かったな。

白川郷

ユネスコ世界遺産登録で有名な白川郷。1595年頃より、砂金が取れることが評判になり、全国から人が集まってきたそうです。いわば Japanese Gold Rushこれが無ければ、現在の白川郷集落は存在しなかったかもしれませんね。

埋蔵金伝説もあります。

白川郷の近くに帰雲城というお城がありました。ここに、ゴールドラッシュで採れた砂金を貯蔵していたと考えられています。しかし、帰雲城は後の地震によって崩れ落ちます。その後、貯蔵されていた金の行方が分からない。なんて言い伝えもあるそうです。

糸井重里さんも、この辺りを掘ればよかったのに。

地震

岐阜県では、大きな地震が多くあったんですね。745年、762年、1586年、1891年。次の大地震はいつ来るんだろう?前回の大地震から約125年。

まあ、まだ大丈夫か。前回のスパンは約300年だし、前々回は約800年あったしね。

治水工事

岐阜県には木曽川・長良川・揖斐川、三本の大きな川が流れています。この三本が、何度も大洪水を起こしてきました。現在の海津市などは、人的被害も多数出しています。

これを治水するために、薩摩藩が動いてくれます。宝暦治水工事。詳述はしませんが、難工事にあたり沢山の方の命が奪われました。難工事過ぎて、工事がうまく進まぬ故の切腹も。それも数多く。

幾多の難を乗り越えて、やっと完成した工事。しかし、この工事後も洪水被害は治まりません。明治中頃より再度治水工事を行います。この工事後には、洪水被害が大きく減りました。

岐阜県を語る上で、これらの治水工事は外せないでしょう。

十六銀行と大垣共立銀行

以前「うだつの上がる町並み」の記事中でも紹介した両銀行。ライバルっぷりが粋。開業したのは2年しか変わらなかったんですね。16と129だから、もっと差があるものだと思ってました。

うだつの上がる町並みを歩く

2017.02.23

スーパーカミオカンデ

2015年、梶田先生がノーベル物理学賞を受賞されたときに、スーパーカミオカンデが話題になりました。

その前身に、カミオカンデがあったんですね。サイヤ人みたい。

リニア中央新幹線

この先、未来にかけて一番注目していること。2027年に開通予定のリニア。浮くんですよね?大地との接点がないんですよね?

中津川の駅から絶対に乗ります!

2016年も終わりだから、あと10年ちょっと。息子たちは、中学生・高校生か。きっと、あっという間に10年経っちゃうでしょう。今年1年も矢のように過ぎましたからね。

ちがった。リニアのように過ぎたと訂正します。

まとめ

岐阜県の歴史を振り返るにあたり、図書館で沢山の本を読みました。郷土資料なんかも多数ありますしね。知識を入れたことで、県内旅行が楽しくなりそう。色々な背景が分かりましたからね。

自分が生まれ育った岐阜。これから先も、暮らし続けるであろう岐阜。

その歴史を調べることで、より愛すべき街となりました。

最後に、岐阜は今から約450年前の戦国時代がピークだったと書きました。2016年度の47都道府県別魅力度ランキングでは、鳥取県と並んで堂々の42位タイ

しかし!時代は回ります。

最近では、たった20年前の時代である、バブルブームというのが起こっているそうです。

以前に岐阜がブレイクした戦国時代から、もう450年。そろそろ陽が当たってもいいんじゃないか?そんな思いを胸に、このブログでは岐阜の魅力を紹介し続けていきます。

時代も、地球も回る。再び岐阜に太陽が昇ることを信じて。

SUNRISE GIFU

以上。