岐阜県の観光は「石や岩」に頼りすぎている感がある



最近ふと思った。

「岐阜県って石に関する観光スポット多くないか?」

自分が知っている範囲で石や岩に関するスポットを挙げてみたら、15ヵ所でてきた。

日本最古の石博物館(七宗)

20億年前の石が展示されているらしい。これは日本で発見された中で一番古いそうだ。

昨日の夕飯さえ思い出せないことがある私に、20億年前の石を見る資格はない。ということで、まだ一度も中へ入ったことはないが、今度のぞいてみようと思う。

飛水峡の甌穴群(七宗)

飛騨川の護岸にある穴で、甌穴(おうけつ)と読む。地質学者たちにしか需要が無いと思っていたが、なんと、岩にある穴が国の天然記念物になっている。

鬼岩公園(御嵩)

メチャクチャ大きい岩がある公園。花崗岩らしい。

30年前には賑わっていたが、現在は寂しい…

屏風岩(下呂)

紅葉を見に行った時に知った岩。ただの壁って感じもするが、紅葉と一緒に楽しむと良い感じ。

巖立峡(下呂)

溶岩で形成された壁。同じようにしてできる壁の中では日本一の大きさらしい。滝の数が日本一多い場所にあるので、夏に涼を求めていきたいと思いつつ15年が過ぎた。

来年の夏こそは行ってみたい。

烏帽子岩(瑞浪)

その昔、あの有名な弁慶が置いていったものらしい。とんでもない伝説だ…

中山道歩きついでにであれば、見ておくのも良いかも。

獅子岩(恵那)

恵那峡を遊覧船で巡ると見られるらしい。一昔前は遊覧船も賑わっていたが、現在は中国からの観光客の方が多いんではないだろうか。

近くには恵那峡ランドがある。遊園地を貸し切りにしたい夢を持つあなたにオススメ。恵那の高校生は皆、夏休みにバイトするらしい。お客さんよりもバイトの方が多いっていうことも言ってた。

品の字岩(中津川)

こちらも恵那峡遊覧船から見ることができる岩。

「品」この漢字のように巨岩が重なり形成されている。自然の偶然ってすごい。

傘岩(恵那)

国の天然記念物に指定されている岩。いつかポキッと折れてしまう危険が指摘されているため、訪れるならお早めに。

物見岩(恵那)

笠置山にある、インスタ映えする写真が撮れる岩。結構危ないから子供と行くのは避けた方がよさそう。運が良ければ雲海が見られるみたい。

乙姫岩(中津川)

浦島太郎に出てくる乙姫にまつわる岩。あるCMに洗脳され、乙ちゃんは強い性格のイメージになった。

性格の強い女性とこの場所を訪れると、カップルになるとか、ならないとか…

星ヶ見岩(中津川)

これまた大きい花崗岩。

12kmのウォーキングコースとして、他の巨岩なども見ながら散歩を楽しむ事ができる。

夫婦岩(中津川)

桃山公園内にある奇岩。男性のシンボル、女性のシンボル、そんな岩。

隣には「子ども科学館」があるので、いつか子供たちと訪れてみよう。

紅岩(中津川)

岐阜県の天然記念物。赤く見える岩。ダイダイゴケという苔の影響で紅く見えるようだ。

「べにいわ」と読む。最近、X JAPANの「紅」が再燃しているから、それにあやかり「くれないいわ」と改名してほしい。

ストーンミュージアム博石棺(中津川)

ピラミッドがある博物館。

イルミネーションには多くのお客さんが来ていた。

【ピラミッド発見】中津川市にあるストーンミュージアム博石館でイルミネーション

2016.07.13

さいごに

石や岩に頼ってばかりいないで、もっと観光資源を開発したほうが良いんじゃないか?っていう皮肉を込めた記事にする予定だった。

しかし、石や岩に関するスポットをまとめていると、ちょっと興味が湧いてきた。

今度、石・岩ツアーへ行ってこようと思う。

それにしても中津川という土地は、巨岩や奇岩が溢れているな。自然の面白さだ。

 

以上。