岐阜県のジョギングコースを開拓する【現在5コース】

私はオジサンで、本格的なランナーではありません。たまにストレス発散でジョギングをする程度。いつも同じ場所を走ると飽きるから、常に新しいジョギングコースを求めています。

でも、観光地を通ったりするから迷惑にならないようにゆるいジョギング限定でコースを開拓!!

金華山ドライブウェイ

岩戸公園に駐車してスタート。もしくは岐阜公園からでもスタートできます。

道路を走っていきます。はっきり言って疲れます。山道ですから。

雰囲気は箱根駅伝の山区間。私は上るのがやっとでしたが、上級者は本気のトレーニングができるかと思います。

コース途中にある展望台からの眺めも良好。さらに風が抜ける場所なので気持ち良いです。

私の体力では展望台まで行って折り返して帰るのが限界です。

このコースは本当にオススメですが上級者向きですね。コースを山道に逸れると岐阜城にも行けます。

阿木川ダム

恵那市にある阿木川ダムを周回するコースです。地獄の階段トレーニング付き。

ダム湖を1周すると4km位でしょうか。車が通る区間も少ないので気持ちよく走れます。

私が大好きな”ダムの堤体上”も走れます。

阿木川ダムはこんな感じのロックフィルダム。

さて、地獄の階段トレーニングとは…

このダムと同じ高さ&傾斜の階段です。ダム沿いに上ることができます。

結構な角度ですし、割と距離もあるのでメチャクチャ疲れます。

体力に自身のある若者は、一度試してみてください。部活のトレーニングには最適だと思います。

美濃加茂の木曽川堤防

美濃加茂にあるリバーポートウォークっていう公園がスタート。そのまま木曽川の堤防歩道を走って坂祝町にある終点まで。片道10kmくらいだと思います。

往復すれば約20km。ハーフマラソンの練習には最適ではないでしょうか。私は走りきれませんが…

スタートのリバーポートウォーク。芝生広場は準備運動にも良いですよ。ここには、カフェ・BBQ・シャワー・更衣室・ロッカーなどがあります。

リバーポートウォークHP

やっぱり堤防道路は走りやすい。車の通行が無いからボケーッと走ってても安心。

コースには芝生もあるから、この上を走れば足腰にも優しそう。500m毎くらいにあるベンチは私のようなオジサンには有り難いです。膝が痛くなったらすぐ休憩。座り心地も良いですよ。

お手洗いも2~3kmごとにあります。綺麗に維持されているから安心。

川沿いを走ると、水の流れに引っ張られるように走れる気がします。だから下りは実力以上に走れてしまう。

ここが坂祝町にある終点。ここにもベンチがあります。

この時点で私の膝はダメ。でも、ここまで来ちゃったからスタート地点まで帰らなきゃ。走ったり歩いたりを繰り返します。あとベンチで休憩もしながら。

そういえば太田宿の資料館もありました。私は全然興味がないから素通り。そんなことより、もうすぐ正午。お昼ごはんを何食べようかしか考えられません。

食べ物のことだけ考えてたら無事ゴール。

この日は10月下旬です。ポカポカ陽気で走りやすかったけど、歩いたり休憩したりを繰り返してたから往復で2時間近くかかりました。

苗木城跡~木曽川橋梁

全長は5kmくらい。往復すれば10kmですし、帰りの苗木城跡までは山登りだから結構ハード。

苗木城跡は人気の観光地ですが、平日は観光客がほとんどいません。程よく砂利道なので、アスファルトを走るよりは膝に優しい気がします。まずは、苗木城跡の頂上を目指しましょう。

頂上に見える櫓からの景色は絶景らしいのです。期待に胸が膨らむのと、私以外に観光客がいないので足取りも軽い。

これは当時のままの石組みなのかな??

だとしたら素晴らしいですね。

きっと、最初からあった巨岩を利用して組まれた石組み。この大きい岩があれば地震が来ても石垣が崩れる心配はなさそうです。こんな大きくて頑丈な男に、父親に私はなりたい。

頑丈な父親になるため、勾配がある坂をグングンと登ります。

櫓が見えてきました。あともう少し。相変わらず私以外のお客さんはいません。この日の最高気温は37℃。そんな日に観光へ来ないか…

私は一人で汗だく。

坂の途中から本丸じゃない場所の石垣を見下ろします。なんか良い。すっごい下の方って感じがします。あの道から敵が来てもすぐ分かる。私がこの城の人間だったら、ここから石を蹴落としながら弓矢で撃ちまくりますね。反対に、この城へ攻め入る側だったら即降参。こんな高低差がある城は攻めるのが難しいと思います。

仮に攻めるとしたら長期戦に持ち込むしかないな。山の下でなんとか食料の調達を断たせて弱らせる。それしか勝ち目はないなー。だから本丸には沢山の米が備蓄してあったんだろうなー。

なんて色々考えてたら、もう頂上です!!

米はないがWi-Fi完備!!

現代では米よりWi-Fiのほうが重要視されてるみたいです。時の流れは恐ろしい。

ジャーーン!!

頂上の櫓からの眺め。絶景!!

なのか??

普通に気持ちが良い眺めっていうとこでしょうか。5分も眺めれば飽きますね。今度は上の写真に見える木曽川にかかる鉄橋を目指します。木曽川橋梁っていって、50年くらい前に廃線になった鉄橋が未だに残ってるみたいなんです。奇跡の鉄橋ってことで少し有名なんだとか。

ここからは山道を下ります。「四十八曲がり」って看板が出てたはず。昔の人は、たくさんあるって事を「48」を使って表現したんですね。相撲の決まり手も「四十八手」と呼びますよね。実際は100近い決まり手があるのに。

さあ、山を下りましょう。結構な勾配。名前の通りグニャグニャ曲がる道。膝に悪いので歩いてしまいます。

目指すは奇跡の鉄橋。今度こそは絶景が待ってるはず!!

農道から木曽川沿いの道へ入ると、なんか遠くに鉄橋が見えてきました。

気温は37℃。日差しも強くて暑い。だいぶバテました。でも、もう少しで鉄橋へ到着です。

はい、錆びた橋!!!!

なんで奇跡の鉄橋なんだろう。あえて見に来るような橋ではないですね。電車が大好きな方々で、今は無き「北恵那鉄道」の歴史を知ってれば感動したのかもしれません。

あと、夏の暑い日は駄目です。きっと何を見ても感動しません。

このコースを走るなら秋が良いですね。苗木城跡の紅葉も進んでるだろうし。何より涼しいので。

中津川公園

すごく広い公園てす。野球場、テニスコート、陸上のトラック、スケートパーク、相撲場まであります。

スケートパークは氷のスケートじゃなくて、スケボーとかのことです。オリンピック競技にもなった、水のないプールをピョンピョン飛ぶような施設。すごいですね。岐阜県にもこんな最先端の施設があったことにビックリ。

そんな広い公園内を走るジョギングコースが整備されています。

1周は2.8km。

途中にお手洗いもあるし、自販機もあるので本格的なランナーにもオススメなジョギングコースです。

コースは広くて走りやすい。適度にアップダウンがあって飽きません。芝生もきれいです。

遊具があったから小さい子がいても遊べますね。

本格的な陸上トラック。後で知ったけど、このトラックを個人でも使えるらしい!!!!!

憧れの陸上トラック。以前「ぎふ清流ハーフマラソン」を走ったときに、一度だけ足を踏み入れた茶色のトラック。テンション上がりました。

そんな茶色の陸上トラックを自由に走れる。しかも使用料が300円くらい!!!!!!

http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/050191.html

いつか、公園のジョギングコースじゃなくてトラックを走ろうと思います。

YouTubeとTwitterも更新中