滝→流しそうめん→山→温泉



chantaです。2人の息子と夏旅をしてきました。場所は岐阜県郡上市、コースは題名のとおりです。

阿弥陀ヶ滝

私の大好きな滝。あの葛飾北斎も、この滝が好きだったみたい。

岐阜県郡上市にある阿弥陀ヶ滝~【推定1,800歳】石徹白の大杉

2016.11.02

夏は岐阜県の滝に限ります!滝の近くでは涼しい風が吹くし、冷たくて綺麗な水に入ることもできますからね。

子供と出かけるなら、サンダルと着替えは必須。一番良いのは水着でしょうね。

さらに涼しい気分を味わいたい方は、下の記事もどうぞ。

阿弥陀ヶ滝の氷瀑?

2017.02.20

流しそうめん

この滝には、元祖・流しそうめんがあります。ただし、岐阜県の滝には、元祖・流しそうめん屋さんが何軒かあります。

長男が、以前から流しそうめんを体験してみたいと言っていましたので、昼ご飯に食べます。お昼前に行かないと、すごい行列ができるので早めの昼食。しかし、すでに30分待ち。

私は、1歳の次男に流しそうめんを食べさせる技量がないので、この待ち時間におにぎりを食べさせました。長男には、だんご。

すごく美味しかったらしいです。

さて、私たちの順番が回ってきました。長男の流しそうめんデビュー。竹を半分に割って、そこを流すイメージでしたが、目の前をグルグル回るスタイルでした。

そうめんを取るのが楽しかったみたいで、自分が食べきれなくなっても私の所へ入れてきます。楽しんでくれて良かった。

しかし、小さい子供がいると、このお店で食べるのは大変だと思います。机がないですし、椅子もベンチスタイルで隣とのスペースがありません。私はリュックを背負ったまま、動き回る次男を抱っこしてたので、自分ではそうめんを取れませんでした。長男が入れてくれ、それをササっと食べただけ。大変だったので10分弱でランチタイム終了!

ゴンドラで山頂へ

ウィングヒルズ白鳥は、スキー場として有名ですが、夏季も営業しています。阿弥陀ヶ滝からは10分ほどで到着。

ここには、山頂まで行けるゴンドラがあります。そこから大日ヶ岳方面へトレッキングをすることができます。山頂からマウンテンバイクで斜面を駆け抜ける、ダウンヒルを楽しむ方も多くいました。

私たちは、山頂へおやつを食べに行きます。未就学児は無料です。

山頂は空気が美味い気がする。全然寒くはありません。丁度いい気温。眺めも良いです。おやつを食べるのに、これ以上の場所があるでしょうか?

このロケーションでおやつを食べ、満足したんでしょう。長男に哀愁がでました。

 

下りのゴンドラへ乗る前に、山頂での定番「ヤッホー」を息子たちに教えます。

 

満天の湯

小さい子がいても安心。山の眺めが気持ち良い個室露天風呂。サッパリしてから家へ帰ります。遊び疲れた子供も、家に帰って無理やり起こされることなく、そのままベッドインが可能。

さいごに

もうすぐ夏休みが終わってしまいますね。夏休み後半は、天候に恵まれる事を願います。