【下呂市で41度を観測】岐阜に住んでる私もビックリ



日本歴代2位の高気温

8月6日、岐阜県下呂市金山で41.0度を観測したそうだ。日本の観測史上、2番目の暑さらしい。この日は、岐阜県内3ヶ所の観測地(下呂市・美濃市・多治見市)で40度超えを記録した。

下呂市は、先月にもニュースヘッドラインを飾った。下呂市金山付近で7月8日、1時間に約100ミリの雨が降り災害が発生。下呂市内の国道41号や県道などが土砂崩れで通行止めになった。それに伴い、下呂温泉の宿へキャンセルが相次いだらしい。下呂市の観光にとっても大被害だったのは間違いない。

7月の災害から1ヶ月、今度の41度ニュースでは、下呂温泉の観光にとってプラスに働くことを祈る。

埼玉の熊谷市や高知の四万十市では、高温を売りにして観光誘致を成功させているようだ。下呂市にも何とか頑張ってほしい。

キャッチコピー

この高温ニュースを利用したPRを、私も考えてみた。

 

【良い温度(41.0度)の下呂温泉は、日本三名泉の一つだと知ってた?】

 

自分で言うのもなんだが、恥ずかしい。なんて稚拙なんだろう、、、1時間くらい考えた結果がこれだ。これ以上出てこなかった。とにかく頑張れ下呂温泉!!

下呂の知名度

Twitterで「下呂」と検索していると、下呂市の存在を知らない方も多いようだ。やはり若年層に多い。

現在の日本における観光業で、特に重視するべきターゲットが2つある。

 

  1. 海外からの旅行者
  2. 日本国内の若年層

 

下呂市では、Instagramなどを通じて若年層へのアピールも手堅く行っている。「下呂市金山町の路地巡り」など、一時的に話題になったものもある。下呂温泉でも、若い旅行客の姿を見ることも増えてきた。下呂市の観光課や観光協会には、若くて有能な人材が存在していることの証明だ。

それだけに、Twitter上で下呂市の存在を知らない人が多いことに驚かされた。

私は岐阜県に住んで37年になる。地理の有利上、下呂温泉には20回くらい泊りの旅行をした。温泉の泉質の良さは間違いなく保証する。

 

どうにか、下呂市の存在すら知らないお客さんに、

「下呂温泉っていいわ~♨」と湯船の中で言わせたいものだ。

以上。