よろしくね!!

出産

11月28日の夜、ついに陣痛がきた。

ともを病院へ送っていく。すごく不安。大丈夫だろうか?自分に何ができるだろうか?

ともの辛そうな顔。今にも生まれてきそうな切迫感。

病院に到着して診察。

「まだ時間かかりそうだから病室に移動して」

「旦那さんは一度家に戻っていいよ」

一人で家に帰り、食事とお風呂を済ませる。深夜中には産まれるかも。不安と期待でソワソワする。

 

お風呂から上がると、ともから電話。来た!!!

急いで病院へ。

 

ともは辛いらしく息が荒い。

「心配ないよ」

こんな事しか言えない。

分娩台に乗せられ、出産に向かって準備が進む。緊張感マックス。

 

陣痛が始まってから何時間たったんだろ?

ともは大丈夫だろうか?

分娩室には、スピーカーから赤ちゃんの鼓動が響く。

その音を掻き消すように、とものうめき声が響く。

体力の限界っぽい。ただでさえ体力のない嫁なのに。

「頑張れ!!」

こんなこと言っても、いつもなら弱音を吐く嫁。

しかし、

「がんばる!!!」

っておっきな声で言った。

感動した。泣きそうだし、初めてともの事を尊敬した。

酸素マスクを付けながら、意識もうろうとしながら、それでも頑張るって。

 

深夜1時間半。ついに赤ちゃんの頭が見えた。ここが一番つらいみたい。足の位置が変で、ともは力が入れにくそう。

看護師さんに「足の位置変ですよ」って教えたけど、「こういうものよ」って一蹴された。

仕方なく自分がともの足を支える。お願いだからあとちょっと。

「頑張れ!!!!!」

私も大きな声を出す。

赤ちゃんの頭が抜けた。

と思ったら、するりんって。すっごく早く赤ちゃん出てきた!!!

おぎゃあって泣いてる!!!

あれよあれよと、少しだけ赤ちゃんの身体を拭いて、ママの胸へペチャン。

赤ちゃんはママにぺったり。泣き止んでる!!!!!すげーー!!!!!ママって分かるのか??

出産を見ると泣くって聞いてた。私の目頭は熱くなってるが、なぜか自然と笑顔になってしまう。にやけてくる。

不安から解放されたせいなのか、ママの胸の上でべったりしている赤ちゃん、その光景が可愛すぎるせいだろうか。にやけちまってしょうがない。

ともに、「ありがとう。ありがとう」って心からお礼を言った。

ともは赤ちゃんを見ながら泣いてる。なんて神々しいんだろう。

 

「旦那さんは外で待っててくださいね」

暗い廊下で一人待つ。さっきの光景を思い出して、にやけながら。

隣の分娩室から誰かが出てきた。

おおおお、中学の同級生だ!!!!!!!

多分話したことも数回しかない。

だけどなんだろ、戦友みたいな感じがする!!!!

その子のところも無事に産まれたらしい。

「よかったねーー♪」

その子と抱き合って喜びたかったけど我慢した。

 

いよいよ赤ちゃんと正式なご対面。

小っちゃい、可愛い、もうそれだけ!!

生まれて初めて味わう感情。幸せな気持ちってこれか。

 

もう深夜3時。仕事は6時から始まる。ともに感謝の言葉を述べて家に戻る。

車の中で想う。

「竜之介っていう顔してたな」

スライドショーには JavaScript が必要です。

翌日、嫁も「竜之介っていう感じだよね」って言ってた。

はい、決定!!

「竜之介、これからよろしくね!!」

以上。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

YouTubeとTwitterも更新中