息子たちの性格の違い

怒られたときの反応

長男は、怒られると泣き叫ぶ。強く反発する。ソファーで塞ぎ込む。立ち直りが遅い。素早く気持ちを切り替えさせる方法はあるけど、コツがいる。

次男は、怒られるパターンが決まってる。まず、おちゃらける。徹底的におちゃらけて、ダメという事をニコニコしながらやってしまい、怒られる。すると、怒られたことを素直に受け入れる。そして泣く。

叱り方

二人は性格が全然違うので、叱り方にも工夫している。

長男の場合は、ストレートに叱ると反発するだけ。叱っているこっちは益々イライラしてくる。だから「これはダメなんだぞ!!」と頭ごなしには叱らない。生活態度や食事で注意することがある時、「一生懸命やったけど失敗したんだよな?」と、まず励ます。「ちゃんとするには、どうする?」と言って正しいことを自主的にやらせてみる。大体の事は本人の中でも分かっている事なので、すぐに正しいことをする。「完璧だね!!そういうのって最高!!」と大きく褒める。親が冷静じゃないとできないけどね…大変。でも、この方法だと親子ともに嫌な気分になることなく、長男も素直に意見を聞き入れてくれる。

次男は、良い意味でも悪い意味でも軽い。そして素直。ニコニコで悪いことをして、怒られる。私はストレートに「これはダメだよね!!」と強い声で叱る。そうすると次男は泣きながら「はい!!」と手を挙げながら大きな声で返事をする。ついつい私も可愛いなと思ってしまい「どうして欲しいの??」と、まだ怒ったような声で聞く。次男は「抱っこしてください」と答える。私は渋々を装って抱っこする。すると次男は3秒後にニコニコに戻ってる。ほんと、軽い。

新しい赤ちゃんは、どんなタイプだろ

きっとまた違うタイプだろう。コツを掴むまでは、私たちも大変だろうな…

嫁の大きなお腹を見てると、どんな場面でも男児3人の壮絶な生活を想像してしまう。でも私は父親として、以前よりも高い位置から物事を見られるようになった。無理に家族全員で仲良くする必要はない。喧嘩は必要だ。誰も持っている以上の力を出すことはない。力を抜いた家族関係で良い。そうした自然体でいれば、きっと仲のいい家族になると信じている。力を抜いて、リラックス。

産まれてくるまで、きっと2週間くらいかな。力を抜きすぎて、リラックスし過ぎて、赤ちゃんの名前が決まらない。

以上。



YouTubeとTwitterも更新中



ABOUTこの記事をかいた人

ちゃんた

▼三兄弟の成長を記録していきます 【長男】小学2年生【次男】年中組【三男】1歳半 ▼岐阜のおすすめスポットも紹介します