【ふるさと納税】岐阜県の市町村の中から私が欲しいものをピックアップしてみた



ふるさと納税について

まずは【ふるさと納税】について、皆さんは興味がありますか?

 

わたしは興味があるけれど、詳しくは分からず、また分かろうともしていませんでした。

いいきっかけなので、ここで基本的な事を復習します。

復習するにあたり、いろいろなHPを見ましたが、やはり総務省のHPが一番分かりやすいですね。

ですから、総務省のHPを参考にしていきます。

 

納税ってことは、税金を納めるのか?

納税という言葉が使われていますが、実際には、都道府県や市区町村への「寄付」です。

寄付金の中で、私たちが実際に負担するのは2,000円です。その部分以外の金額は、その年度に納めた所得税や、翌年度の住民税から戻ってきます。

※戻ってくると言っても、税金を納めた以上には戻ってきませんから、実質2,000円の負担で出来る寄付には、個人によってそれぞれの上限額があります。年間の上限額は、総務省HPのこちらを参考にしてみて下さい。

納めた税金が戻ってくるという事は、最終的に金銭的な負担をしているのは、国や納めた人が住んでいる都道府県という事になります。

私たちにとっては、「納税」ではなく、「2,000円の寄付」という事です。

私にとって、ふるさとは何処になるの?

あなたが何処の出身でも、現在どこに住んでいても、日本全国どこにでもふるさと納税ができます。

私たちにとってのふるさとは、「日本国」ということですね。

ふるさとに寄付して、何か良い事あるの?

良い事は2点あります。

1点目は、ふるさと納税をした自治体から、お礼の品が届きます。

考え方としては、「2,000円で何を買おうかな?」っていう感じでお礼の品を検索して、寄付する自治体を決めます。

実際には2,000円以上するような品物が多いので、お得ですね。

※お礼の品は、ふるさとチョイスというサイトを使うと、全国各地の物を簡単に検索できます。

 

2点目は、ふるさと納税したお金の使い道を指定できる事です。

例えば、その自治体のインフラ整備に、福祉に、観光に、環境整備にと、あなたが使ってほしい予算に指定できます。

これってすごい事だと思いませんか?本来、自治体の予算を決めたければ、その自治体の議員にでもなって、議会で予算を決めなければなりません。

それを、あなた個人で予算を決められる!

イイね。

是非、本当に応援している自治体へ寄付して下さい。

具体的にはどうすればいいの?

  1. ふるさと納税の年間上限額を決める。(総務省HPのこちらを参考に)
  2. 何処の自治体でも良いので、自分が欲しいお礼の品物を選ぶ。(ふるさとチョイスなどを参考に)
  3. ふるさと納税ワンストップ特例の申請書を提出する。(詳しくは総務省HPのこちらを参考に)
  4. お金を振り込む。

以上!

普通の会社員の方なら、ワンストップ特例っていうのが出来たので、平成28年からは確定申告しなくてもいいみたいです。

簡単ですね。あとは、お礼の品物が届くのを待つだけ。

 

こんなにも簡単で、お得なふるさと納税。

「この制度を使った方が良いね」なんてレベルじゃありません。

「使わなければ損をする!」レベルです。

特に、高額納税者になればなるほど、恩恵が受けられる仕組みです。まあ、お金持ちは必ずやってるでしょうね。再生エネルギー買取のときと同じようなものです。(FIT制度に参加した人だけに恩恵があり、参加しなかった人は、強制的に恩恵費用を負担するだけ)

この制度がいつまで続くか分かりませんし、私たちが納めた税金が財源です。

乗り遅れないようにすぐ始めよう!

早速お礼の品を選ぼう!

ということで、次項からは、私自身が欲しい!と思ったものをピックアップしていきます。

もちろん、岐阜県内の市町村限定です。私は岐阜推しですからね。

 

寄付金10,000円なら

まずは、大前提で以下のものが2,000円で手に入るという感覚でご覧ください。

※出典はすべてふるさとチョイスより

 

1.関市へ寄付して、ウナギを食べよう

pd_f36a3847fc46e04ce1e4e8160b17b176927ef9d2

なんてったって、うなぎの時期ですもんね。関市には有名なうなぎ屋さんが、たくさんあります。そして、すごく美味しい!

ウナギを食べられるお店は、関市内の5店舗から選べます。

私は店の雰囲気と味とのバランスを考えて、昔からのうなぎ屋って感じがする、辻屋がいいかな。

この5店舗すべて行ったわけじゃありませんが、どのお店もハイレベルな争いです。

しかも、もらえる食事券はうな丼2杯相当ですって。これはありがたい!家族揃ってウナギを食べにいこうと思うと、家計に負担がかかりますから。

2.各務原市へ寄付して、日本ライン夏祭り(8月10日) 花火大会を観覧席で見よう

pdfd_4b5d4c4125eea7b2ea9b5bec8f42ea4355c3d6cb

この花火は、各務原市と愛知県犬山市が共同で開催します。会場周辺には広い場所が無いので、ものすごく混雑するんですよね。

混雑するけど、見に行く価値がある花火。

特に、ライトアップされる犬山城と木曽川と花火。これを一度に味わえるのは、川を挟んで鑑賞できる、各務原市だけです。

そんな各務原市から見る花火に、観覧席があったなんて初めて知りましたよ。

これで、ゆっくりと花火を堪能できますね。

ライトアップされる犬山城と木曽川と花火と焼き鳥と生ビール。これを一度に味わうには、各務原市にふるさと納税するのが早道です。

3.下呂市へ寄付して、鶏ちゃんをもらおう

sd1_53ae0159afe5f8899490908421da2bf4d259e1c7

日本三名泉として知られる下呂温泉。下呂市といえば下呂温泉の次に出てくるのが、この「鶏ちゃん」ではないでしょうか。

鶏肉とキャベツを特製の味噌ダレで炒めるだけ。

「ただの野菜炒めじゃん」って思った方、これ全然違いますよ!家庭では決して真似の出来ない、秘伝の味噌ダレ。なんだか後を引く味なんですよね。

岐阜県のスーパーなら普通に売ってます。子供の頃、母親に何が食べたいか聞かれると、決まって「けいちゃん!」と答えていました。

あの頃は、白いご飯。現在はビールの良き相棒です。

この時期、BBQでもお勧めですよ。

寄付金30,000円なら

まずは、大前提で以下のものが2,000円で手に入るという感覚でご覧ください。

※出典はすべてふるさとチョイスより

 

1.関市へ寄付して、包丁をもらおう

pd_aacedc876b1e51ac2c6cb2d5dc38c181be3754e3

関市といえば、五郎丸の仏像よりも、モネの池よりも、やはり刃物です。歴史がありますからね。

モリブデンパナジウム鋼に磨耗性の優れたチタンコーティングを施し、さらに関の伝統技術である本刃付けを一丁づつ丁寧に仕上げて抜群の切れ味と機能性を実現しました。

どうです?モリブデンパナジウムにチタンコーティングが施してあるんですよ?

切れ味は確実に鋭いですよね。

最近では、多くの男性が料理をします。みんな形から入ります。1食作っただけで、「どうだ、やってやったぞ!」って顔をしますし、片付けもろくに出来ません。水が飛び散っても拭きません。

もちろん私もその類いです。そういうもんなんですよ、男って。奥樣方、どうか許して下さい。

 

話が逸れてしまいましたが、形から入る男に、この包丁はぴったりだと思います。

例えば旦那さんの誕生日に、

「あなた、いつもお疲れさま。これ、あなたにぴったりだと思うの。はい、プレゼント」

なんて言ってこれを渡せば、次の日から仕事は頑張るし、家事も積極的に手伝ってくれるでしょう。

2,000円で、効率良く旦那を働かせよう!

ちなみに、この世に刃物がなかったら。どうなるか知りたい方は、以下の動画をどうぞ。

2.飛騨市に寄付して、飛騨牛をもらおう

sd1_ea3f3a63b86353c359a6a83a9a8013071b51cb16

もうこれに関しては、特にコメント不要でしょう。

飛騨牛サーロインステーキが2枚です。

どうぞ、召し上がれ。

3.多治見市に寄付して、川地屋へいこう

p_1563228f060b859c8987206b12aa18462df38

2009年、明治時代に創業された老舗料亭に新たな風を吹き込んだブライダル&レストラン「川地家」は、多治見市を代表する歴史的建造物です。完全個室で、老舗料亭のたたずまいの中で、ゆったりいただく、地元の食材を使用した「ペア・フレンチコース料理」です。

ここは建物の雰囲気もすばらしく、料理もすごく美味しいそうです。

まだ行った事がないのですが、いずれ行ってみたいと思っているお店の1つです。

image201

明治・大正の日本には、貴族階級(華族)があったそうですが、そんな人物にでもなったような気分にさせてくれる場所です。

「男爵、こちらへどうぞ」

image210

上2枚の写真は出典:川地屋HP

寄付金 たくさん

まずは、大前提で以下のものが2,000円で手に入るという感覚でご覧ください。

※出典はすべてふるさとチョイスより

1.大垣市に寄付して、花火を打ち上げよう

pd_67f9f6ab65a0eb7525b7cb575b13d6ba036c87ca

あなたも、花火大会で、メッセージを添えたスターマイン花火を打ち上げ、夜空に夢ひらかせてみませんか。
観覧席(10名まで)において、ウエルカムドリンク、お食事、お菓子を提供させていただきます。
あなたのメッセージは、会場のアナウンスでご紹介させていただきます。

7月30日に開催される花火なので、もう間に合わないかも。

50万円以上の寄付が対象です。。。

2.可児市に寄付をして、ヤイリギターをもらおう

pd_f1408fb525ea631ac4b65964a0f3fa57fcc63bab

岐阜県可児市には、世界的に有名なギター「ヤイリギター」があります。

同社のギターを、ポール・マッカートニー、エリック・クラプトン、U2、そして長渕剛などの、大物ミュージシャンも愛用したと聞きます。

このギターを手に入れて、世界への一歩を踏み出そう!

ふるさと納税を、100万円以上お願いします。

3.関市に寄付して、自分の刀を作ってもらおう

pd_4db23f310f796689c41900eebf010496d7613f2e

 

卓越した伝統技能を受け継いだ現代の刀匠が作る本物の「御守り刀」をあなたに。

関の刀匠が一本ずつ精魂込めて打ちます…関伝の刀匠たちが約6か月かけて制作
お好みの刀にカスタマイズ…寄附者は刀匠宅を訪問し、好みの刃紋を打合せ。刻みたい銘を切ってもらうことができます。

自分の好きなようにカスタマイズ可能。銘を切ってもらうことも。。。

男心をくすぐりますよね。

こちらも同じく、100万円以上!

最後に

岐阜県内の品物をすべて見るだけでも、数時間かかってしまいました。これを全国で探そうと思うと。。。

さて、ふるさと納税についてのまとめです。

  1. 確実に年間上限額を把握する事こと。(総務省HPのこちらを参考に)
  2. たくさん見すぎないこと。(疲れて、もういいやってなっちゃいます)
  3. やっぱり、本来の趣旨である【ふるさと】に寄付すること。(できれば、使い道も指定した方が良い)

みなさんも、ぜひこの記事を参考にして、ふるさと納税について考えてみて下さい。

私自身も、上記を念頭に、ふるさと納税デビューしたいと思います。