苦いタミフルの飲み方と授乳中のインフルエンザ

インフルエンザ大流行

先週から、子供たちはインフルエンザになってしまった。今週は幼稚園を休んだ。今は熱も下がり元気しかない。有り余っているので、うるさくて迷惑しているくらいだ。昨日、小児科へ行き検査してもらい月曜からは幼稚園へ行ける。

今年に入ってから、インフルエンザが大流行している。幼稚園のクラスも学級閉鎖となっていた。子供が熱に苦しんでいる姿は、親として一瞬も見ていたくない。薬は副作用があるから嫌いで、自分では飲まない。しかし、医学のプロである医師が薬を推奨するので、子供には飲ませる。飲ませたい。でも飲んでくれない。タミフルはすごく苦いようだ。

おくすり飲めたねチョコレート味

子供が、龍角散の製品を買ってくれ!!と頼んできた。CMで知ったらしい。試しに買って、タミフルを包んで子供に飲ませる。

失敗。苦さが残るって。美味しくないって。これはダメだ。

ヨーグルト

結果、成功。タミフル1回分に丁度いい内容量。よく混ぜれば、薬が入っていると気付かずに食べてくれた。しかし、油断して混ぜるのが甘くなるとバレる。

しっかり混ぜれば、デザートのヨーグルトを食べるだけでタミフル完了。来年もヨーグルト作戦で行こう。

授乳中のインフルエンザ

子供たちがインフルエンザから治った頃、嫁が発症。予防接種を打つ時期に、妊婦だったので敬遠した。予防接種は大丈夫らしいが、なんとなく胎児への影響が心配で。

子供たちがインフルエンザに苦しんでいる時、運良く私が3連休だった。私が2人の園児を担当して嫁から隔離。もしも、私が仕事で子供と嫁がインフルエンザになっていたらと考えるとゾッとする。赤ちゃんに、2人の園児に、体調不良。不可能だ。

妊婦・産婦がインフルエンザになると大変だ。

薬を飲んで早く治すか、授乳中だから薬を我慢するか。究極の選択。まだ生後20日も経っていない赤ちゃん。ミルクだけでは無理。母乳を与えないと、嫁の胸が炎症を起こしたみたいになる。少し触れられるだけでメチャクチャ痛いらしい。だけど、早くインフルエンザを治さないと、夜中に赤ちゃんが泣いただけで発狂しそうになるだろう。日中はうるさい園児が2人もいるし。自分自身の体調が最悪だしね。

そういうのが悪影響を及ぼして産後うつになる可能性も。そうなったら最悪だ。去年、自分がメンタルを壊したから分かる。うつの状態で赤ちゃんを育てるなんて無理。自分の意志と反して虐待、そんな自分を責める、家族崩壊…

色々考えると、やっぱり薬だね。そこで、授乳と薬の件をお医者さんに確認した。推奨はしないけど、服用は大丈夫らしい。妊婦や授乳中の産婦を使って臨床実験なんてしないだろうからね。はっきりした答えなんてないだろう。製薬会社や厚生労働省の見解は、「妊婦・産婦は相対的な禁止」だって。禁止ではない。多分大丈夫だけど、なにかあっても責任は取らないよってことだ。

我が家の対策としては、服用前になるべくたくさん授乳。薬を飲んだ後の1回目の授乳は控え、ミルクで代用。その次からは母乳。とりあえず、嫁の体調が復活するまではそれしかない。

あとは、嫁を激しい2人の園児から解放してあげること。私には、それくらいしかできない。

以上。



YouTubeとTwitterも更新中