初代プリクラを求めて養老ランドへ行ってきた|岐阜観光体験記#63

養老ランドに行ったときのブログ記事

25年前の再現失敗!

養老ランドに初代プリクラが残っていると聞き、高速で1時間かけて行きましたが故障中でした。悔しいからプリクラ機の中でスマホ自撮り。スタッフさんが「復旧の目途はたっていない」と言っていましたので行かれる方は注意してくださいね。

養老町で見た虹
養老ランドの正門
養老ランドの初代プリクラが故障中

とりあえずプリクラをバックに記念写真を撮ってみる

初代プリクラの写真

▼25年前の二人と比較するためにプリクラの中でスマホ自撮り

予想以上の老けっぷりに落ち込みました。

ここからは、家族5人で訪れた養老ランドについて紹介していきます。

養老ランドの概要

どんな遊園地?

レトロマニア受けする遊園地です。一般的なファミリーが1日中遊ぶといった感じではありませんので注意。

最寄り駅は?

養老鉄道の養老駅です。そこから養老ランドまでは徒歩で約15分。アクセスは不便ですが、養老鉄道は鉄道好きから人気ですので電車で訪れるのも面白いかもしれませんね。

駐車場は?

1日300円の駐車場があります。

料金は?

入園料は中学生以上が600円、2歳以上で小学生までが400円です。入園料とは別にアトラクションに乗るために料金がかかります。1つのアトラクションは1人あたり300円程度でした。

ご飯を食べる場所は?お弁当の持ち込みは?

養老ランド入園ゲート付近にレストランがあります。社員食堂のような雰囲気でした。飲食物の持ち込みはOKとのことです。

お肉が好きな方であれば、養老の「焼肉街道」が良いかもしれませんね。

子供目線で養老ランドの感想は?

9歳、6歳、2歳の男児ですが楽しんでいました。息子たちにレトロという概念はなく、古い乗り物やゲームなどが全て新鮮だったようです。観覧車はすごく低いのですが、揺れて怖かったとのこと。一番楽しんでいたのはトランポリンでした(5歳未満は利用不可)。

大人目線で養老ランドの感想は?

初代プリクラを撮ることだけが目的でしたので、初代プリクラが故障していてショックでした。大人だけだと1時間も滞在すれば「帰ろうか」となるかもしれません。

うちは子供たちが楽しんでくれたので3時間以上滞在しました。子供が楽しんでくれたので私は満足です。

驚いたことに、20代前半くらいの若い子グループが何組かいました。その世代には写真スポットとして秘かな人気があるようですよ。

レトロなゲームコーナー

公式HPと所在地など

▼初代プリクラの修理が完了したら、公式HP にあるブログで報告するとのことでした。

住所:岐阜県養老郡養老町養老1155-2
電話番号:0584-32-3456
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:300円/1日

養老ランドのメリーゴーランド前での写真

今回も最後までありがとうございました。

このブログでは岐阜県の観光やグルメの体験記事を更新中です。更新情報はツイッターでお知らせしていますので、下のツイッターのフォローをお願いします!

下のボタンを押して記事を友達に教えよう!!

1件のコメント

養老ランドはレトロ好きにとって最高の空間です。本当に20年前から時が止まっている感じがしますよ。
読者さまで行かれた方はいますか?感想が聞いてみたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。