最新直木賞作品が聴ける!AmazonAudible(オーディブル)|岐阜出身の米澤穂信「黒牢城」

audibleが聴き放題

こんにちは。

岐阜県観光連盟の公式サイトで「親子向け記事」を更新中の”ちゃんた”です。このブログでは岐阜の観光やグルメ情報を更新しています。

今回はオーディブルという音声アプリの話です。

AmazonAudible(オーディブル)

聴き放題が解禁。1月27日から!

アマゾンオーディブルとは、本を朗読してくれるサブスクアプリです。ジャンルは経済・語学勉強・小説など多岐にわたります。ただ本を読み聞かせてくれるだけではなく、プロの声優さんや、有名俳優さんが朗読してくれるんです。小説に関しては、正に音声ドラマ。新しい境地を切り開いているんですよね。私自身、読書が好きで小説を読みます。それが映画などになるとガッカリすることも多いのですが、音声ドラマだと原作の面白さが膨れ上がることさえあるのです。

読書好きは注目!月額1500円、12万冊以上が聴き放題!

ちゃんた

通勤時間、車の運転中、家事をしながら、子供への読み聞かせ自動化など。使い方は無限大♪

YouTubeやNetflixに嫌気がさしてきた人は試してみてください。各作品のリンクボタンからはサンプルも聞けますので是非!

黒牢城(こくろうじょう)が早くも登場!

先日発表されましたね。第166回直木賞、その最新受賞作品が早速オーディブルで聴けるんです!

黒牢城

著者は岐阜県出身の米澤穂信さん。戦国の世、荒木村重と黒田官兵衛を描いた物語。歴史小説と推理小説を融合させた内容とのこと(私はこれからオーディブルで聴きます)

再生時間は16時間19分です。これを長いと感じますか?

ちょっと計算してみましょう。

通勤時間寝る前に聴くと仮定します。通勤は片道30分、寝る前にも30分くらい聴いてみましょうか。1日で90分は聴けますね。16時間19分=979分です。

979÷90=約11日間

2週間もかからず聴き終えてしまいます。個人的にはちょうど良い期間。

オーディブルには良い作品がいっぱい!

ちゃんた

ここでは私が良いと思う作品を紹介させてください。

あと、新しい作品も読みたいので皆さんの一押しをコメント欄で教えてくれると嬉しいです

それでは、私の好きな作品を「3つ」聞いてください!

①サラバ!|西加奈子

こちらも直木賞受賞作品です。私は、直木賞を受賞した作品の多くが読み易いと感じます。ただし、これはオーディブル。誰が朗読してくれるかで、印象がガラッと変わりますよね。

サラバ!の読み手は松坂桃李さん!

すごく引き込まれました。松坂さんは、個人的に本格派の俳優さんだなって感じている一人なのです。「日本のいちばん長い日」での演技は鳥肌ものでした。

この作品では、柔らかい感じで朗読してくれています。おじさんの私でも心地よいと感じましたので、女性からの評価はもっと高いことでしょう。

「サラバ!」は人気作品なので本を読んだ方も多いと思います。ですが、松坂さんの声で読んでもらうと新しい楽しみ方ができるかもしれませんよ。

②火車|宮部みゆき

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作を俳優の三浦友和が朗読。

AmazonAudibleより

三浦友和さんが最高!

もう、この一言です。宮部みゆきさんの作品が素晴らしいのは当然です。その名作が、まるで三浦友和さんに読まれるために生まれたのではないかと錯覚するほどシンクロしています。

③空飛ぶタイヤ|池井戸潤

池井戸潤さんも岐阜県出身です。岐阜県民の自慢!

そんな池井戸作品は、どれも爽快なものばかりですよね。オーディブルにもたくさんの作品がアップされています。1作品だけを選ぶのは難しいのですが、今回はみんなのレビューで決めました。

なんと「空飛ぶタイヤ」のレビューは、

上巻★4.9(524件)

下巻★4.9(729件)

すごい・・・。★4.9にも驚きますが、下巻の方がレビュー数が多くて星も落ちていないことで作品の良さが伝わるのではないでしょうか。普通は、下巻になるとレビュー数が減るものです。

この作品は下巻の方がレビュー数が多い。みんな聴き終えた後の爽快さを絶対に誰かに伝えたいっていう熱い気持ちになったのです!

でもね、聞いてみると分かりますよ。ナレーションがまた良いんだ。俳優の高川裕也さんが読み手です。池井戸作品の多くは高川さんが朗読しています。

池井戸+高川の世界観!

番外編(マシュー南)

オーディブルでは、ポッドキャストの独占配信もやっています。その中で30代以上の方にオススメなのが、

「Matthew’s Matthew マシュー南の部屋の中のマシュー」

マシュー南は、藤井隆さんが昔に演じたキャラクターです。覚えていますか?

しかも、第一回のゲストは松浦亜弥さん。もうタイムスリップした感じ。

私は冒頭で藤井隆さんにつられて泣きました。悲しいとかじゃなく、ホッとした?懐かしい?ような温かい気持ちになって目頭が熱くなるんです。

きっと皆さんも、あの頃に戻れると思うので聴いてみてください。

さいごに

私のAmazonAudibleに対する高評価が伝わったでしょうか?

「YouTubeを見過ぎて時間を無駄にしたよ・・・」
「Netflixにハマって睡眠不足、目がチカチカする・・・」

といった方には、是非とも音声サービスを試してほしい!!

私はGAFAに自分の大切な人生の時間を捧げてきてしまいました。しかし、これからは耳だけ。目までは捧げない!!

サラリーマンの方、主婦の方、大切な自分の時間を見直してみるのはいかがでしょうか?