岐阜地裁で裁判傍聴したので、裁判員制度について復習する【前編】

岐阜地方裁判所

岐阜県を管轄している地方裁判所で、通称「岐阜地裁」といいます。

所在地

岐阜県岐阜市美江寺町二丁目4-1

駐車場

無料の駐車場が50台分くらいあります。

裁判傍聴初体験

以前から気になっていたんですよね。裁判の傍聴。どんなものかを調べるため、ちょっと岐阜地裁まで行ってきました。

裁判所に到着したけれど、どんな手続きが必要なのか分かりません。とりあえず駐車場に車を停めて守衛の方に質問します。

「今日は裁判の傍聴できますか?」

守衛の方「できますよ。14:30からと15:00から裁判があります。どちらも判決だからすぐ終わっちゃいますけどね。14:30からが無免許運転で事故、15:00からは窃盗・放火です。」

「傍聴するのに必要な手続きはありますか?」

守衛の方 「無いですよ。時間になったら302号法廷へ入れますから、自由に入って下さい。」

「簡単なんですね。ありがとうございました。」

302号法廷。

ドラマなんかで聞いた事あるワードだ。手続き不要で出入りも自由らしい。思っていたより気軽。実はちょっと緊張していたんですよね。よし、14:30からの判決を傍聴してみよう。15:00からの窃盗・放火は極悪な感じがするので見るのはやめておきます。

さて、時間になったので302号法廷へ向かう事に。どうやら3階にあるようです。3階にある他の法廷は【301号法廷】。裁判所の名前の付け方はホテルの部屋方式だったんだ…

302号法廷前へやってきましたが中の様子が分かりません。どうやって入るんだろう?

ドアのプレートに「傍聴人入口」とあります。とりあえず軽くノックして入ってみることに。

ガチャ。

緊張しながらドアを開けると、そこはもう法廷です。学校の教室に入る感じ。間に小部屋みたいなものがあると思ってた。

ノックは不要だったな

傍聴席には、すでに6人くらいの方が座っています。座席は30席くらいあるので私も空いている席に座ります。

裁判長はまだいません。私から見て左側には検察の方が一人。右側には被告人と弁護士。被告人は2人のガードマンに挟まれています。

ああ、手錠している。手錠をされている姿を初めて見ましたが、なんだかドキッとしますね。悪いものを見た気分。何故ニュース映像で手錠にモザイク入れるんだろうと思っていたけど、理由が何となく分かりました。

14:30ピッタリに裁判長が入ってきます。すると、みんな立ち上がります。傍聴席の人も。遅れて私も立ちます。全員一礼。着席。

被告人は手錠を外され、真ん中に立たされる。すると裁判長が判決を読み上げる。5分ほどで判決を言い渡したようです

裁判を傍聴して気になった事が2点

①被告人がチャンピオン社製のスウェット姿だった事。そんなにラフで良いんだ。もっとフォーマルな感じだと思っていました。

②裁判長の滑舌が恐ろしく悪く、さらに早口。何を言っているのか聞き取れない。

主文の箇所だけは、ゆっくり話してくれたのでなんとか聞き取れました。どうやら懲役1年6ヶ月、執行猶予4年の判決だったみたいです。

裁判長が「これで閉廷します」というと、全員起立、礼。10分ほどで終わってしまいました。声を発したのへ裁判長だけ。

あっという間の裁判傍聴体験でした。

岐阜地裁の正面玄関

裁判傍聴のまとめ

今後、裁判傍聴デビューする方のために要点をまとめます。

  • どんな裁判があるかは、事前に岐阜地裁へ電話すると教えてもらえる
  • 予約などは不要。出入りも自由
  • 弁護人と検察官の発言する所が見たければ、判決のときは避ける
  • 法廷へ入るときに、ノックは不要
  • 裁判長が入って来ると、全員起立して礼をするので、一人だけ遅れないように
  • カメラや録音機器は持ち込まない

以上、結構気軽に裁判傍聴できる事が分かりました。ここまでで長文になってしまったので、タイトルにある「裁判員制度の復習」は後編に書きます。

岐阜地裁裁判傍聴

地図

下のボタンを押して記事を友達に教えよう!!