岐阜市科学館で恐竜展→美術館へ行ってきました



chantaです。岐阜市科学館で、恐竜展が開催されています。家族で行ってきました。そこから歩いていける距離に、岐阜県美術館もあります。息子たちに美術館デビューさせるため、そちらにも寄ってきました。

岐阜市科学館の恐竜展

岐阜市科学館にて、7/28~8/31まで「世界の恐竜ワールド2017」が開催中。大規模な展示ではありませんが、動く恐竜もいました。

「外で遊ぶのは暑い、ちょっと室内で遊びたいな」

そんな親子にピッタリ。館内で、お弁当を食べている家族も沢山いました。恐竜には過剰な期待禁物。

dinosaur

この恐竜は動きます。息子たちは、怖さのあまり泣いていました。次男はママに張り付いて、長男は全速力で駆け抜ける。泣きながら。

この恐竜展のメイン展示は、私たちにとっては数秒でした。

dinosaur

頭蓋骨の模型。

化石ではありません。

あとは、こういった模型が数点。

化石として展示されていたのは、恐竜の「歯」などが少しだけ。あくまで「世界の恐竜ワールド2017」です。「化石展」ではありません。

前日の夜、私は息子に「明日は、恐竜の骨が沢山ある所へ行こう!」と言っていました。当日、息子は「骨、ないね」と一言。

私と同じミスをしないよう、念のため。「化石展」ではありません。

科学館

岐阜市科学館のイメージは「20年前の最新」、私の個人的なイメージですけどね。パソコンのOSでいえばWindows95。そんなレトロな科学館が、岐阜っぽい。

岐阜県美術館

windchime

この土地内の樹木には、沢山の風鈴が飾り付けられていました。風に吹かれて気持ちの良い音色が響きます。

岐阜県美術館は、岐阜県にゆかりのある画家の作品が多く展示されています。地元Loveな美術館。最近では、4コマ漫画「ミュージアムの女」でも有名。

館内には、バルセロナチェアが設置されていました。せっかくなので、嫁と子供を座らせます。良い椅子を見ると、つい「座ってみやー」と勧める私。

さて、この岐阜県美術館では「日本画の逆襲」という特別展が開催されています。やはり岐阜県にゆかりのある作品が多かったですね。岩絵の具の味は、実際に観ることで実感できます。そのために息子達を美術館デビューさせました。嫁も美術品に興味がありませんが、実物を観れば心に響くものがあるはず。

展示を観た感想は、私個人としては満足しました。

みんなの反応はどうだったんでしょう?館内を出た直後の写真が、こちらです。

museum

長男、渋い顔。

次男、居眠り。

嫁、腕組み。

こんな感じ。だいたい予想した通り。