美濃和紙の里会館でワークショップと紙細工



 

美濃和紙の里会館

昨年4月にリニューアルオープンしたという美濃和紙の里へ行ってきた。この施設は美濃市に所在するが、有名なうだつの上がる町並みからは離れている。

美濃和紙の歴史や、その紙作りの行程が学べる。様々な展示会も行われている。その中で最もお勧めなのがワークショップ。

美濃和紙作りが体験できる。しかも500円♪めちゃくちゃお値打ち。先日、5歳の息子と美濃和紙作りを体験してきた。

美濃和紙作り体験

大きい美濃和紙や、デザイン性の高い美濃和紙、はがきなど、体験したいメニューが選べる。私たちは「はがき」を作ることにした。

このワークショップは予約なしでも体験することができた。また、手ぶらでOK。

ワークショップ開始

最初にエプロンが貸し出してもらえた。それから、スタッフの方が分かりやすく作業の行程を説明してくれる。

小さい子供でも作業できるよう、踏み台もあった。

よく見るあれ

美濃和紙の里会館で紙漉き体験

なんていう工程か忘れたが、紙の繊維が入っている水をバシャバシャやる。

モミジを置く

美濃和紙の里会館で紙漉き体験

その後、アクセントとなるモミジを配置。モミジだけでなく、ペンギンやカニなどのカワイイ模様も選べた。

挟み込む

美濃和紙の里会館で紙漉き体験

その上に紙の繊維を再び流し込む。最初の繊維が流れてしまわないように、手の上に流しながらゆっくりと。

整える

美濃和紙の里会館で紙漉き体験

木枠を外して、角の形を整える。

乾燥

美濃和紙の里会館で紙漉き体験

水分を掃除機のようなマシンで吸い取ると、もう和紙になってる。網から外して乾燥室へ。

完成

美濃和紙の里会館で紙漉き体験

1度の体験で6枚のはがきが作れる。さすが美濃和紙。肌ざわり、質感、雰囲気ともに5歳児が作ったとは思えない出来栄えだ。

乾燥時間が20分ほどあるので、完成まで40分くらいだった。待ち時間に展示コーナーを見ていれば、時間をもてあそぶこともない。

展示コーナー

時期によって入れ替えがあるのだろうが、今は紙細工を展示してある。動物から恐竜、建築物、カメラまで、様々な紙細工が展示してあった。それらを子供たちも楽しんで観ていた。

さいごに

和紙作りの行程に興味を持った子供たち。その工程で重要な役割を果たすのが綺麗な川の水。この施設の目の前には、透明度の高い板取川が流れている。

「昔の人達は、この川の水で和紙を作っていたんだぞ」

川へ行って、父親らしく紙づくりの能書きを語ろう思った。

が、失敗。水着もないのに川遊びを始める結果に。何となくわかってたけど、服が濡れないうちにパンツで遊ばせた。

子供連れで美濃和紙の里会館を訪れる方には、水着を持参されることを勧める。

モネの池や、「ボートが浮いて見える」で話題の板取キャンプ場などと組み合わせて観光するのも良いかと思う。

以上。