【検証中①】子供をストリーマーに育てるには?基本概念編

こんにちは、息子をストリーマーに育てたい父親です。

うちには3人の息子がいます。

その子たちをストリーマーにするには、どのような方法があるのかをネットなどで調べても明確な答えはありません。そこで、今自分で考えられる方法で教育していきたいと考えています。

このブログは、その教育方法を実践したらどうなるかを検証するための内容です。第一回のテーマは「基本概念編」となりますので、お付き合いをお願いします。

What’s a streamer?

ストリーマーとは、動画を生配信して”視聴者に何かを伝える人”のことです

我が家の構成

りゅう(9歳)てっぺい(7歳)ようた(3歳)パパ(41歳)
ゲーム好きYouTube好きゲーム好き新しいもの好き
話し下手話が得意リアクションが可愛い話し下手

なぜストリーマーに育てたいのか?

将来、息子たちが楽しく仕事をできるようにするためです。

今後10年間で、一般企業の”営業職”が”ストリーマー”に少しづつ置き換わると考えています。私が考えるストリーマーは、いわゆるゲーム配信をして生計を立てるプロではありません。

企業の商品やサービスの良さを広く伝え、契約まで担う「広報+営業」という形が、私の考えているストリーマーです

育児と将来の夢の過程

長男が生まれてから約10年間。自分の時間や人間関係を削り、子供と向き合ってきました。長男が生まれたタイミングで子育てに専念できる職業に転職。友人や仕事関係の人とも連絡を絶ち、自分の全ての時間を息子たちに捧げています。

子供が興味を持つおもちゃ、YouTube、テレビ番組(ほとんど興味無さそうだけど)、ゲームなどを子供と一緒に楽しんできました。自分の時間を削ることでマイナスな部分もありますが、プラスになる部分もあります。プラスになることは、私の頭の中や感性が息子たちに似てくることです。大げさではなく、息子たちの気持ちが手に取るように分かります(それがコントロールできるかは別として…)。

そんな風に子供とだけ向き合っていると、彼らが本当に目指すべき道が見えてきたのです。それがストリーマー。振り返れば彼らにはたくさんの夢がありました。

  • 建築士
  • 自衛隊
  • 歌のお姉さん
  • 花屋
  • ドッジボール選手

などなど。みんな素晴らしい職業です。それで、うちの子たちの特性を見る中で私が考えるストリーマーを子供たちに説明しました。長男も二男も「それユーチューバーじゃん!」って腑に落ちていました。確かに広い意味でユーチューバーもストリーマーに入りますから、「そうそう。そんな感じ」と答えました。子供たちは「ユーチューバーになりたい!」ということに。

ストリーマーもユーチューバーも必要なスキルは似ているので、名称はどちらでも良いでしょう。私も息子たちも将来の夢は同じということになりました。

ストリーマーに必要なスキルは?

  • トーク
  • ゲーム
  • OBS(配信ソフト)
  • カメラ機器・音響機器
  • 英語

どの職業にも当てはまるように、ストリーマーにも必要なスキルがたくさんありますよね。上に挙げた5個は必要最低限のものです。

これから息子たちには、ゆっくりと1つづつ習得してもらいます。

STEP

トークのスキルをあげるため、Twitchで生配信をする

STEP

ゲームの練習(コントローラー、キーボードに慣れる)

STEP

OBS(生配信用のソフト)の使い方を知る

STEP

カメラの取り扱いと構図を学ぶ(写真→ビデオ→マイクの順で)

STEP

オンライン英会話で海外の方と話す

我が家では、息子たちにストリーマーの基本を教えるために、上のようなステップを考えています。

とりあえず今後1年間で一通りやってみます。その結果や考察もこのブログで報告するので参考にしていってくださいね

仲間募集

親子でストリーマーを目指している方はいませんか?同じ目標を持つ方と情報共有や交流が出来たら嬉しく思いますので、Twitterかtwitchのフォローをお願いします。

すぐにフォローバックへ伺いますよ!

Twitter

twitch

下のボタンを押して記事を友達に教えよう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。