多治見市で陶器づくしコース



手作りマグカップ体験 岐阜現代陶芸美術館 陶器の風鈴

 

コース

岐阜県多治見市の土地は、昔から焼物との関わりが深い。気温も暑いが、地場産業としての陶磁器はもっと熱い。そこで、焼物を1日でたくさん巡るお勧めコースを紹介。

 

  1. こども陶器博物館
  2. 多治見美濃焼ミュージアム
  3. セラミックパークMINO
  4. 岐阜県現代陶芸美術館

 

こども陶器博物館 KIDS LAND

こども陶器博物館 KIDS LAND

こちらでは、マグカップや皿などに絵付け体験をすることができる。これがオススメ。子供も大人も楽しめた。

陶磁器絵付け体験

絵付け体験は予約なしでもできた。流れとしては、

  1. 絵付けする陶磁器を選ぶ
  2. クレヨン・絵具・転写シールのどれかを選ぶ
  3. 下書き
  4. 絵付け
  5. 完成(焼き上がりまでに約1ヶ月)

 

私たちは、マグカップにクレヨンで描くことを選択。

手作りマグカップ体験

工房には、参考になる図鑑や絵本など20冊程度あった。しかし、事前に何を描くか考えていくと、一つ上の作品に仕上げることが出来そうだ。

下絵描きからマグカップにクレヨンで描くまで、私たちは40分くらいかかった。うちは2歳の子も連れていったため、待ち時間が長いと大変だ。そんなことを考慮してなのか、小さい子が遊べる部屋がある。

こども陶器博物館 KIDS LANDのキッズスペース

広いスペースが確保されており、うちの子は楽しく遊んでいた。おかげで、制作の待ち時間も全く気にならなかった。

手作りマグカップ体験

ママは家族の名前と、製作した日付。息子は、大好きなスピノサウルスを描いていた。焼き上がりまでは約1ヶ月なので、完成が待ち遠しい。

完成品について、遠方の方は郵送にも対応してくれるそうだ。

絵本スペース

絵本がたくさん並んでいて、こども図書館みたい。可愛いスペースだ。お弁当を食べるブースもあった。大きいアンパンマンも。

ミッフィーとアンパンマン、五味太郎を推してる博物館だ。

ミッフィー

多治見美濃焼ミュージアム

多治見美濃焼ミュージアム 多治見美濃焼ミュージアム

館内は写真撮影禁止になっている。こちらは、本格的な焼き物の展示があった。

子供にはまだ早いかと思ったが、見せて良かった。ホンモノを見せることが一番の教育。

大人の方だけで行かれる場合は、「お茶体験」ができるらしい。

セラミックパークMINO

セラミックパークMINO

建築がオシャレな施設。空間が広く落ち着くので、館内で読書をしている方も何人かいた。カフェも入っている。

風が良く吹く場所だった。建物が建てられている土地が、山の傾斜地だからだろうか。この時期は気持ち良い。

岐阜県現代陶芸美術館

こちらは、セラミックパークMINO館内にある。

「現代陶芸」という名前が付けられているだけあり、アートな感じだ。展示の見せ方もスタイリッシュ。

本格的な、昔ながらの焼物も良いが、こういうアートもすごく良い。こちらに訪れるお客さんも、オシャレな人が大勢いた。クリエイティブなお仕事をされる方に、特に人気があるようだ。

プラス1

時間に余裕があれば、多治見市モザイクタイルミュージアムでオリジナル写真立て作りも面白い。

モザイクタイルミュージアムの体験工房が楽しい♪

2017.10.17

グーグルの口コミ

 

以上。