【日本三大大仏】奈良、鎌倉、そして岐阜の大仏



岐阜大仏について

奈良、鎌倉とくればピンとくる方も多いでしょう。ですが続いて岐阜とくると「え?」となる方がほとんどだと思います。

日本三大大仏に、岐阜の大仏が数えられていたなんて。

私は35年も岐阜に住んでいますが、初めて知りました。

これは見学へ行かなくてはなりません。

 

正法寺

 

正法寺

 

岐阜大仏は、岐阜市にある正法寺に安置されています。

住所が「岐阜市大仏町8番地」

 

住所まで大仏じゃないか!

大仏の影響力がすごい。

 

岐阜大仏の概要

岐阜大仏の写真を載せる前に、構造や特徴などを説明します。

大仏の中には、1本のイチョウの木の大黒柱があります。そこに大仏の骨格となるものを木材で組みます。骨格に、竹を編んだものを繋げて大仏のシルエットを作り、その竹に粘度を塗って外観を造る。

凄腕の左官屋さんが大勢必要ですね。

更にその上へ美濃和紙を貼り、漆を塗り、最後は金箔仕上げ。

 

小学生のときに習った、奈良の大仏とは全く違う造りです。

 

大仏様のスペック

  • 像高 13.7m
  • 顔長さ 3.63m
  • 目長さ 0.66m
  • 耳長さ 2.12m
  • 口幅 0.71m
  • 鼻高さ 0.36m

 

建立について

岐阜大仏は着工から竣工まで、38年もかかっています。

現在行われている工事と比較してみましょう。

多くの人が興味を寄せる大規模な工事といえば、品川ー名古屋間のリニア工事でしょうか。

2015年に本格着工して、2027年に開通予定ですから、約12年間。

 

これを比べれば、岐阜大仏の工事が超ビッグプロジェクトだった事が分かります。

そんな超ウルトラビッグプロジェクトは、天保三年(1832年)に完成しました。

 

特徴

大仏が大きいのか、または大仏殿が低いのか、大仏様の頭が天井に当たっているように見えます。

写真をご覧ください。

 

 

岐阜大仏の頭

 

これは完全に頭が天井に付いちゃってる。

写真に撮るとよく解ります。

 

大仏様、窮屈そうに首を曲げていらっしゃる。若干前かがみ。

ちょうど、背の高い人が軽トラに乗っているように。

天井に頭が着いちゃってる大仏様って珍しいですよね?

なので特徴①です。

 

特徴②は、右手のポーズ。

岐阜大仏の手

 

少し前に流行した、タレントのローラさんみたい。「オッケー」

指の反りを見て下さい。

全力で「オッケーーー♫♬」ってやってる感じがします。すごくPOP。

そして表情。優しいSMILE。

 

頭が天井に当たり、窮屈そうに過ごして約184年が経ちました。

 

「苦しい中においても、笑顔と元気があれば、道は開けるよ♪」

大仏様は、そんな強いメッセージを発しているようです。

なんとなく岐阜の県民性にも通じます。

 

さいごに

大仏様の前には、向かい合って座れるように、折り畳み椅子が数脚設置してあります。

そこに座り、ゆっくりと大仏様のお顔を眺めれば、きっと心が癒されます。

また、大仏様が前かがみになっている事で、例えば親が小さい子供を相手にする時、視線の高さを合わせて覗き込むような感覚になります。

それはつまり、守られている感じ、安心感、安堵感、包み込まれるような気持ち。

こんな気分を最近感じていない方は、ここを訪れてみて下さい。

【ブログランキング参加中】

岐阜大仏さまに優しく触れてください。