岐阜の公園で最強説!子供と岐阜ファミリーパークで遊んでみた

こんにちは。

岐阜県観光連盟の公式サイトで「親子向け記事」を更新中の”ちゃんた”です。このブログでは岐阜の観光やグルメ情報を更新しています。

今回は、岐阜県内で最強と呼び声の高い公園へ親子で遊びに行ってきましたので報告します。

無料公園の限界を超えてる

飽きないね!遊具やアスレチックの種類が多い!

岐阜ファミリーパークは入園無料の公園です。しかし、その内容は有料級。遊具やアスレチックが各種揃っており、うちの子たちは飽きることなく一日中遊んでいましたよ。Wikipedia情報では遊具が11種類と書いてありましたが、もっと多い感じがしました!

岐阜ファミリーパークで一番楽しかったのは?

ちゃんた

この公園で何が一番楽しかった?

子供たち

地下トンネルがあるアスレチック!

真っ暗な滑り台が楽しかった!

▲地下トンネルへの入口

あれもこれも!遊びの紹介

ここでは、岐阜ファミリーパークで遊んだ様子を紹介します。この公園で、どんな遊びが出来るかの参考にしてくださいね。最初に言っておくと、岐阜ファミリーパークを1日で全て遊び尽くすのは難しいでしょう。それだけ多くの遊びがあります。それでは、どうぞ!

地下トンネルがある巨大アスレチック

「ジェロニモ砦」と名付けられたアスレチック。地上3階、地下1階で構成される他の公園では見たことが無い遊具。地下トンネルは秘密基地感があってワクワクします。その地下にある滑り台が独特で、真っ暗なんです。暗闇を滑るって勇気がいりますよね。3歳の息子は泣いて滑れませんでしたが、6歳と9歳の息子は楽しそうに何度も滑っていましたよ。

小さい子用のアスレチック

うちの三男に丁度良かったアスレチック。短い滑り台ですが、色々な滑り心地があるようで、とても楽しんでいました。

東海3県最長!ローラー滑り台

長いローラー滑り台は子供たちが喜びますね。私たちが遊びに行った日には、順番待ちの行列が出来ていました。

鯉の餌やり

大きい鯉から小さい鯉までたくさん泳いでいる池があり、餌やりが出来ます。たしか鯉の餌は100円でした。餌をあげると鯉が群れになって食べに来るので迫力がありますよ。

トランポリンみたいな山

芝生に囲まれた白い山は、フワフワで弾力があります。みんなピョンピョンと跳んでいました。子供たちは楽しそうに体力を消費してくれますし、親の目が届く範囲でピョンピョン跳ぶので安心でした。

ネットのアスレチック

小学生の低学年くらいに人気があったアスレチック。体感が鍛えられそうなので好きです。

たくさんのバランスボールで跳ねる遊具

3歳の息子がジャンプしたり、走り回っていましたが危険だと感じることはありませんでした。この遊具も他の公園では見たことが無いので、子供たちにとっては新鮮なことでしょう。

ゴーカート・ボブスレー・芝滑り

ゴーカートなどは200円くらい支払うタイプなのですが、人気過ぎて待ち時間が30分以上ありました…

ということで、この3つは次回に体験したいと思います。どれも楽しそうな感じでしたよ。

他にも遊具などがたくさん!1日では遊びきれない!

夏には水遊び場も!水着が必須!

昨年まではコロナの影響で水遊び場が中止されていたようですが、今年からは再開されるかもしれませんね。4年前くらいに息子を連れて行ったときは、ミストが出ていたり上から水が出ている場所があって楽しかったですよ♪

familypark

岐阜ファミリーパークの駐車場とQ&A

岐阜ファミリーパークの駐車場は?

無料の駐車場が、数ヵ所に分かれてあります。公園の面積が広いので、お目当ての遊具を見つけて近い方の駐車場に停めてくださいね。間違えて停めると歩くのが大変です。

岐阜ファミリーパークは広大なので2つのエリアに分かれています。「こどもゾーン」と「スポレクゾーン」です。どちらのエリアも子供たちが元気に遊べるようなアスレチックがありますが、人気は子供ゾーンです。2つのエリアを歩いて移動するのは大変なので、どちらか近いエリアの駐車場に停めることになります。

岐阜ファミリーパークの駐車場
岐阜ファミリーパークはどんな場所?

とても大きな公園です。子供が遊ぶエリアや、本格的な野球場・グランドまで老若男女を問わず楽しめるでしょう。近年では岐阜市が整備に力を入れているようで、今後も益々の発展が期待されています。

岐阜ファミリーパークへのアクセスは?

基本は車でないと大変だと思います。車ですと、東海環状自動車道の岐阜三輪スマートICで下車して1分で着きます。バスでは最寄りのバス停まで約30分かかるそうです。

開園時間は?

子供たちが遊べるエリアは9時30分開園です。

野球場などのスポーツ施設は6時や7時くらいから使えるようです(施設や時期によって異なる)

休園日は?

毎週火曜日が休園です(火曜日が祝日の場合は、その翌日が休園)。年末年始12月29日~1月3日も休園です。

おすすめの過ごし方は?

とにかく人気がある公園ですので、朝一は場所取りから始まります。お目当ての遊具に近い芝生に、ポップアップテントや敷物で場所を確保してから遊ぶ方が多いようです。遊ぶ場所が多いので、長く滞在することになるとポップアップテントは重要だと思います。あと、駐車場から遊具までの距離が割とあるので台車があると便利かもしれません。

売店などはある?

フードコートがありました。私たちは購入していませんが、軽食などが買えるようです。飲み物の自動販売機はいくつかありました(電子マネーに対応しているタイプもあり)。

完全に無料なの?

入園料は無料ですが、一部の乗り物では有料でした。下の項に料金をまとめておきます。

乗り物の料金表

スーパーモービル小学生以下 ¥100中学生以上 ¥200
ボブスレー小学3年~6年 ¥100中学生以上 ¥200
ゴーカート小学4年~6年 ¥100中学生以上 ¥200
ボート小学4年~6年 ¥100中学生以上 ¥200
サイクルモノレール小学生以下 ¥100中学生以上 ¥200

岐阜ファミリーパークの開園時間

12月・1月・2月9:30~15:00
3~6月・9~11月9:30~16:30
7月・8月9:30~17:00

公式HPと所在地など

住所:岐阜県岐阜市出屋敷31
電話番号:058-229-3922
休園日:火曜日(祝日の場合は翌日が休園)年末年始(12月29日~1月1日)

岐阜の大きい公園3選

こちらの記事も参考になると思います!

今回も最後までありがとうございました。

このブログでは岐阜県の観光やグルメの体験記事を更新中です。記事の更新情報はツイッターでお知らせしています。

どうか、下のツイッターのフォローをお願いします!

下のボタンを押して記事を友達に教えよう!!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。