板取川で川遊びをして、洞戸観光ヤナへ立ち寄るコース



洞戸キャンピングセンター

川の流れが緩くて、ほとんどが浅瀬なので子供にとって安心できる川遊びポイント。訪れるお客さんの多くが家族連れですので子連れファミリーにオススメ。

水洗トイレや更衣室完備。

持ち込みバーベキューOK。

飛び込みをする場所がないので大人が川遊びをするには物足りないのかもしれません。だから、マナーを無視した若者が少ないのも家族連れには嬉しいポイントです。

営業期間・入場料

営業しているかはFacebookページで確認してください。頻繁に更新しているようですし、現在の川の様子も写真でアップしてくれているので安心。

洞戸キャンピングセンターのFacebookページ

入場料は中学生以上500円、小学生300円(駐車場代、ゴミ処理代を含む)

バーベキュー

手ぶらで行ってもバーベキューができます。しかも屋根付きのバーベキュー場なので、暑さも少しは和らぐでしょう。1人あたり2500円からになっています。

少し大きめの屋根を拵えました。これで80名までは入れます。全天候型です。
楽器持ってきてライブしながらのBBQも可能です。

洞戸キャンピングセンターFacebookより

もちろん河原にバーベキューを持ち込んでのBBQもOK。その際に出たゴミも無料で処分してくれます。

河原の雰囲気

板取川だから水質は綺麗。水温は低めです。

うちの子は6歳、3歳、0歳ですが安心して遊べました。

板取川で魚とり
洞戸キャンピングセンターの河原

駐車場には喫茶店が併設されています。川を眺めながらのコーヒーや、かき氷で疲れを癒やしましょう。

写真奥の芝生でキャンプができるみたいです。

洞戸キャンピングセンターでの川遊びは、特に小学生低学年以下の子連れファミリーにオススメ。

水洗お手洗いと更衣室があるのはポイントが高いし、バーベキュー後のゴミ処分も非常に助かります。

あと、お支払いにPayPayが使えるようです。私もそうですが、キャッシュレス生活を送ってる人には嬉しいことだと思います。

洞戸、小坂地区駐車場

こちらの川遊びポイントは、子供から大人まで楽しめます。飛び込みをする岩があるし、深い場所もあります。少し流速がある箇所もありますが、水深が浅くて流れが穏やかな場所が多かったです。

ただし、お手洗いは仮設トイレで更衣室はありません。

板取川の川遊び

営業期間・駐車場代

6月29日〜9月初旬の8:00~17:00(2019年度)

駐車場代1000円(ゴミ処分費込み)

詳細は、ほらど未来まちづくり委員会HPから確認してください。

河原の雰囲気

板取川の岩から飛び込むポイント

写真右奥の岩(高さ5~6mくらい)から飛び込みが楽しめます。水深が深いところでは3mくらいありました。

注意点は、浅瀬でも流れがあるため小さい子が一人で遊んでいると少しづつ流されていってしまうところです。ここより50mほど下流は早い流れになるし、水深も1.5mになるので要注意。

うちの子は、この浅瀬で遊んでいて虫かごを流されてしまいました。虫かごの取手の部分だけを持ち「箱がなくなった!!」と言って怒っています。私もすぐ探しましたが、浅瀬でも流れがあるために見付かりませんでした。特に虫かごは透明だから見つけることが難しい。

私たちは、お盆期間に訪れたので激混みでした。飛び込みポイントがあるので、若者グループも多く、中にはガラの悪い人たちもいました。そのため、小さい子がいるファミリーは洞戸キャンピングセンターでの川遊びの方が安心だと思います。

洞戸観光ヤナ

先程の小坂地区駐車場川遊びポイントから下流へ300mほど行くと洞戸観光ヤナがあります。駐車場や入場料は無料なので気軽に立ち寄れますよ。

上流から流れてきた鮎が、竹で組んだヤナに落ちる。それを捕まえるのがヤナ漁です。

上流からは鮎だけじゃなく色々なものが流れてきますから、それもヤナに上がります。流木、葉っぱ、ペットボトル、ビーチサンダル、水筒、虫かご。

おお、虫かご!!!

さっき上流で無くした虫かごが流れ着いてる!!!!!

ここ数年で一番ビックリしました。川で無くした虫かごが見つかるなんて。子供たちもビックリしてテンションが上ってました。

川遊び

洞戸観光ヤナでも川遊びができます。

石がゴツゴツしているけど、子供を少し遊ばせるには丁度いい感じ。

食べる

川を眺めながら鮎のコース料理が食べられます。3100円から。

店内の雰囲気もいいし、せっかくだから食べてみたかったので、息子たちに「ここで夕飯にしてもいい?」と聞くと「やだ!!かいてんお寿司がいい!!」と。

いつか子供たちが大きくなったら食べてみたいと思います。店内は多くのお客さんで賑わっていました。

かき氷やソフトクリームも売っていました。

水着が必要

我が家は川遊びのあとに普通の服に着替えたので、少しだけヤナを見るつもりでした。

ヤナで遊ぶ子供

でも、親の考えは無視して子供たちは水へ入りたがります。ヤナへ来る時は子供の水着をお忘れなく。

川遊び【フレンドリーパーク大平】【五宝の滝】【片知渓谷】

2018.08.03

夏の郡上を子供と満喫コース

2018.08.11
familypark

岐阜ファミリーパークから板取川へ【夏】

2017.08.12